TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ラリマー

ラリマー

涼やかな海のざわめき・ラリマー

淡く涼しげなソーダ色。花びらを集めたような、エレガントな断面図。ラリマーは、カリ...

ラリマーの鉱物学

ラリマーは、1974年に発見された、非常にあたらしい鉱物です。ペクトライト(ソー...

ペクトライトとは

「ペクトライト」という名前は、ギリシア語で「緻密」という意味の単語に由来していま...

ラリマーの色と模様

ラリマーの最大の特徴は、なんといってもうつくしい水色と、花びらを思わせる、エレガ...

さまざまなラリマー

淡い水色と、花のような断面模様がよく知られていますが、ほとんど白色に近いものから...

女性エネルギーの象徴

ラリマーは性別を問わず、すべての人が本来持っているしなやかな女性性を象徴する石だ...

ラリマーのパワー

穏やかな愛と友情を育み、しあわせをもたらすといわれています。女性性の象徴であるラ...

ラリマーのヒーリング効果

「三大ヒーリングストーン」のひとつといわれるラリマーには、さまざまな癒しのパワー...

ラリマーの浄化方法

硬度は4.5〜5と、けして高いほうではありませんが、結晶の性質上、非常に粘りが強...

ラリマーの産地

白色や灰色のペクトライトは、世界各地から採掘されますが、うつくしい水色のラリマー...
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ラリマー